3月 6th, 2012 | コメントは受け付けていません。

facebookのユーザーが首都圏から拡大して地方に広がりを見せている。
これまでのユーザーの拡大は、facebook関係者・日本に住んでいる外国人
などが第一陣で、第二陣は大手企業の社内拡散だ。
大手企業は日本全国に支店・営業拠点があるので、瞬く間に拡がった。
分布を見ても東京・名古屋・大阪、次いで札幌、仙台、広島、福岡となっている。
首都圏で拡大をすれば、今度は地方への拡がりが予測できる。
この予測通り、地方への拡散が広まり始めたのだ。
東京は田舎者の集まりなので、地元の友達に一度伝播すれば、そこから
瞬く間に拡がる。近年はスマホの利用も増えているので、阻害要因がない。
facebookの広がりはビジネスのチャンスと捉えられるが、中小企業には
まだまだ高い障壁があるとの事。
セミナー講師などは大手企業の事例を語り、中小企業の経営者の立場を
理解していない講義や、英語圏へ進出するようにとけし掛けている会社も
あるらしい。
facebookページ制作会社を選ぶ際には、制作実績よりも自社のサービス・
商品が果たしてfacebookユーザーに受け入れられるか、企画段階から
相談に乗ってくれる会社を選びたいものだ。